練習用台本(1人)

【練習用台本】森のなかの少女【少女】

【練習用台本】森のなかの少女【少女】
ページ内にアフィリエイト広告を含みます。
台本を利用するときのルール

●使用料:無料

●利用報告:商用のみ要(非商用は任意)

●クレジット表記:必須

ー表記内容ー

台本名 当ページのタイトル
作者名 紺乃未色(こんのみいろ)
サイト名 フリー台本サイト「キャラコエ」
台本URL 当ページのURL

上記4点を必ず表記していただきますよう、お願いいたします。

利用のルールについては、利用規約をご覧くださいませ。

※個人での練習にのみ使用するときは、表記や報告は必要ありません。

概要

カテゴリ 練習用台本(一人)
キャラクター 女性・20代
ジャンル 現実世界
設定 主人公の少女は、森のなかで道に迷ってしまう。声をかけてきたのは、森に住む魔物だった。
注意 このストーリーはフィクションです。実在する人物や団体、出来事などとは一切関係がありません。

以下の台本と対になっています。

練習用台本「森のなかの少女」

シーン①

こ、こんにちは。
あのね、ママがね、ここで待っていてねって言ったの。

でもね、ぜんぜん帰ってこなくって。
ママ、迷子になっているかもしれないから、探しに行こうと思ったの。

ほら、もうお日様があんなに低いところに……。
このままじゃ、真っ暗になってしまうわ。

シーン②

ねえ。

さっさ、森に詳しいって言ってたけれど、
あなたはここでなにしてるの?

ひょっとして、この森に住んでるの?

シーン③

湖のほとりにおうちがあるの?

へえ。いろんなものが獲れて素敵ね。

わたしもいつか、あなたの住んでいるところに行ってみたいわ。

お魚も好きだし、おいしいお水も最高だもの。

それから、木の実は、パンの生地に練り込むと美味しいわ。

そう、ママが言っていたの。

……ママ。どこに行っちゃったのかしら。

うう……ママ……。ママ……。うわーん。

シーン④

グスッ……。あ、ありがとう。

ちょうどお腹も空いてきたし、あなたのおうちでお世話になるわ。

その、綺麗な光景も見てみたいし。

わたし、エリっていう名前なの。

あなたは?

シーン⑤

あなた、魔物だったのね。

どうりで、不思議なかっこうをしていると思ったわ。

それなら、うーん。

あ! そうだわ。

ルビーって呼ぶわ。

シーン⑥

いいえ。昔、買っていたオウムの名前なの。

どうしてか、今、思い出したのよね。

とっても頭の良い子だったんだけど、一年前にどこかに飛んで行ってしまったのよ。

シーン⑦

正解よ!

ねえ! ルビーったら、うちのルビーを知っているの?

まさか、会ったことがある?

シーン⑧

そうと決まれば、さっそくあなたのうちに行かなくちゃ!

ルビーと再会できるなんて、思ってもみなかったわ。

あ! あなたの名前は、あとでもう一度考え直すわね。

ルビーが一人と一匹じゃ、ややこしいもの。

【PR】アミューズメントメディア総合学院