練習用台本(1人)

【練習用台本】条件をなんとかできるなら考えてやろう【女性・60代以上】

【練習用台本】条件をなんとかできるなら考えてやろう【女性・60代以上】
ページ内にアフィリエイト広告を含みます。
台本を利用するときのルール

●使用料:無料

●利用報告:商用のみ要(非商用は任意)

●クレジット表記:必須

ー表記内容ー

台本名 当ページのタイトル
作者名 紺乃未色(こんのみいろ)
サイト名 フリー台本サイト「キャラコエ」
台本URL 当ページのURL

上記4点を必ず表記していただきますよう、お願いいたします。

利用のルールについては、利用規約をご覧くださいませ。

※個人での練習にのみ使用するときは、表記や報告は必要ありません。

概要

カテゴリ 練習用台本(一人)
キャラクター 女性・60代以上
ジャンル ファンタジー
設定 魔女のもとに少年がやってくる。彼は、友人の熱を下げるために、魔女が作ったハーブ薬が欲しいようだ。
注意 このストーリーはフィクションです。実在する人物や団体、出来事などとは一切関係がありません。

以下の台本と対になっています。

練習用台本「条件をなんとかできるなら考えてやろう」

シーン①

なんだい?
人の家の前で大きな声を出して。

騒々しいったらありゃしない。

さっさと帰ってくれないかい?

あたしはこれから、魔法薬を煮込むのに忙しいんだ。
邪魔するなら、あんたも材料にして鍋に入れちまうよ。

シーン②

へえ。それで、なぜここに来たんだい?
見ての通り、あたしは医者でもなんでもないんだけどねえ。

ただの、山奥に住む、魔女のひとり。
ついでに言うと、会ったこともない人の命をすくおうとするほど、お人よしでもない。

あんた、街からわざわざ歩いてきたのかい?
残念ながら、無駄足だったね。

シーン③

ふうん。
あたしのハーブ薬でその人間を治せると、その医者は言ったのかい。

あんたは、あのハーブがどれだけ貴重なものかわかっていないんだね。

図々しいにもほどがある。
見知らぬ人になんぞ、使ってやるものか。

と、言いたいところだが……
ちょうど一つ、お願いしたいことがある。あんたはタイミングがいい。

まあ、立ち話もなんだからねえ、家の中にお入り。

シーン④

なあに、ちょっとした冗談さ。
あんたなんか、魔法薬の材料にもなりやしない。

その体を役立てるのなら、
友人のオオカミのエサにでもくれてやるさ。

さて、それでお願いしたいことなんだがねえ。
ここからまっすぐ山の中を進んだところに、ピンク色の花がある。
それをとってきてほしいのさ。

シーン⑤

ずいぶんと、気楽に考えたもんだねえ。

そのピンクの花は、崖に咲いているんだ。

それでいて、月明りに照らされている夜に摘まなくては、
魔法薬の材料としては使えないときた。

あたしでは、体の負担が大きくて、収穫できない。

つまり、あんたは、今夜、一人で山の中に入り、
崖をよじ登り、月明りに照らされているピンクの花をとってこなくていけない。
さあ、どうだい? やってみるかい?

へたをすりゃ、命さえ危ない。
なにせ、夜の森は危険がいっぱいだからねえ。

シーン⑥

いいだろう。契約成立だ。
ああ、あたしはこれでも嘘はつかない。

信用してしてもらって大丈夫さ。

さて、夜にそなえて、眠っておいたらどうだ?
大丈夫。寝ている間に襲ったりしないさ。

おや? 信じられないって顔をしているねえ。

こんな年寄りひとりに何ができる。
そう。安心して、ぐっすり眠るといい。

【PR】アミューズメントメディア総合学院