練習用台本(1人)

【練習用台本】あなたのハーブ薬が必要なんです【男性・10代】

【練習用台本】あなたのハーブ薬が必要なんです【男性・10代】
ページ内にアフィリエイト広告を含みます。
台本を利用するときのルール

●使用料:無料

●利用報告:商用のみ要(非商用は任意)

●クレジット表記:必須

ー表記内容ー

台本名 当ページのタイトル
作者名 紺乃未色(こんのみいろ)
サイト名 フリー台本サイト「キャラコエ」
台本URL 当ページのURL

上記4点を必ず表記していただきますよう、お願いいたします。

利用のルールについては、利用規約をご覧くださいませ。

※個人での練習にのみ使用するときは、表記や報告は必要ありません。

概要

カテゴリ 練習用台本(一人)
キャラクター 男性・10代
ジャンル ファンタジー
設定 主人公は友人の熱を治すため、魔女のもとにやってくる。しかし、ハーブ薬を渡すには条件があると伝えられる。
注意 このストーリーはフィクションです。実在する人物や団体、出来事などとは一切関係がありません。

以下の台本と対になっています。

練習用台本「あなたのハーブ薬が必要なんです」

シーン①

ごめんくださーい!
北の山奥の魔女さん。

ここにいらっしゃるとうかがいました。

お願いがあるんです。

あれ? 人の気配がしないな。
留守なんだろうか。

もう、日も暮れるっていうのに。

シーン②

あ! すみません。

うるさかったですよね。
声のボリュームは押さえますから、どうか話を聞いてほしいんです。

単刀直入に言うと、助けたい人がいるんです。
三日前から、高熱でうなされていて……。いっこうに治る様子がないんです。

医者の話では、このままでは近いうちに命が危ないと。

シーン③

そんな……。
あなたが作ったハーブの薬でなら、治るかもしれないと聞きました。

お願いします。

お金なら、なんとかしますから。
それか、なにかお手伝いできることがあるなら、僕、やってみせます。

薪割りでも、屋根の修復でもなんでも!

シーン④

本当ですか?
ありがとうございます!

それで、僕は何をすれば?

あ……、あの……。
魔法薬の材料になるとかは、かんべんしてください。

え? どうして笑っているんです?
も……、もしかして、本当に僕を煮込むつもりですか?

シーン⑤

花をとってくる?
それだけですか?

お安い御用ですよ!
それで、そのピンクの花はどんな形をしているんですか?
もう少し、特徴とか教えてください。

シーン⑥

う……。崖の上に咲く花を、月明りに照らされている夜に摘む……か。
たしかに、簡単ではなさそうです。

でも……。
僕、行ってきます。

だから、約束してください。
僕が、無事にそのピンクの花をとってこれたら、
ハーブの薬を渡してくれると。

 

 

 

 

【PR】アミューズメントメディア総合学院