練習用台本(1人)

【練習用台本】幼馴染の葬儀【男性・20代】

【練習用台本】幼馴染の葬儀【男性・20代】
ページ内にアフィリエイト広告を含みます。
台本を利用するときのルール

●使用料:無料

●利用報告:商用のみ要(非商用は任意)

●クレジット表記:必須

ー表記内容ー

台本名 当ページのタイトル
作者名 紺乃未色(こんのみいろ)
サイト名 フリー台本サイト「キャラコエ」
台本URL 当ページのURL

上記4点を必ず表記していただきますよう、お願いいたします。

利用のルールについては、利用規約をご覧くださいませ。

※個人での練習にのみ使用するときは、表記や報告は必要ありません。

概要

カテゴリ 練習用台本(一人)
キャラクター 男性・20代(一人語り)
ジャンル 現実世界
設定 幼馴染が自殺した。ひっそりとした葬儀のなかで、主人公は彼のことを思い出す。
注意 このストーリーはフィクションです。実在する人物や団体、出来事などとは一切関係がありません。

練習用台本「幼馴染の葬儀」

シーン①

葬儀は家族とごく親しい者だけでおこなわれた。

葬儀場には人がぽつぽつと遠慮がちにたっていて、タイチの妹が一人ひとりに挨拶していた。

違和感を覚えて、すぐになるほどと思った。

喪服のサイズが合っていないのだ。

きっと、母親にでも借りたのだろう。

昔は、よくタイチのお下がりを着ていたっけ。

三人で遊ぶこともあったな。

虫を採ったり、魚を釣ったり、そんなありきたりなことばかりしていた。

なんてことない、だけどけらけら笑って楽しい日々だった。

シーン②

タイチの母親の足は、栄養が足らず、細くなった小枝みたいだった。

黒いストッキングに包まれているものだから、本当にそう見える。

たぶん、食事がのどを通っていないのだ。

俺の知らない人たちが、彼女の肩を摩り、声をかけている。

心配になるのも無理はない。

でも、俺はこういうとき、なにを話したらいいのかがわからない。

あちらも同じ気持ちなのか、まだ控えめなアイコンタクトを交わしただけだ。

そろそろ、挨拶に行かなくては。

シーン③

タイチの性格は、ひとことで表すならお調子者だ。

あるいはムードメーカーとでもいうべきか。

中学校の野球部ではキャプテンを務めていたし、生徒会にも入っていたと記憶している。副会長だったっけな。

もちろん、女子にもよくモテた。

バレンタインには、俺がチョコレートの運び屋になったこともある。

あのときのみじめさは、あまり思い出したくない。

シーン④

タイチの妹からメッセージが届いたのは、葬儀から1ヶ月が経った頃だった。

どうやら、遺品整理をしていたら、俺に借りたと思われる漫画が出てきたらしい。

そういや、ずいぶんと前に貸していたような気もする。

近くのカフェで待ち合わせをしたものの、どんな顔をして会えばいいのかわからない。

いったい、なにを話せばいいというのだ。

【PR】アミューズメントメディア総合学院