練習用台本(1人)

【練習用台本】俺は悪魔のロウテット、今は犬の姿をしている①【男性】

【練習用台本】俺は悪魔のロウテット、今は犬の姿をしている【男性】
ページ内にアフィリエイト広告を含みます。
台本を利用するときのルール

●使用料:無料

●利用報告:商用のみ要(非商用は任意)

●クレジット表記:必須

ー表記内容ー

台本名 当ページのタイトル
作者名 紺乃未色(こんのみいろ)
サイト名 フリー台本サイト「キャラコエ」
台本URL 当ページのURL

上記4点を必ず表記していただきますよう、お願いいたします。

利用のルールについては、利用規約をご覧くださいませ。

※個人での練習にのみ使用するときは、表記や報告は必要ありません。

概要

カテゴリ 練習用台本(一人)
キャラクター 犬の姿をした悪魔(男性)
ジャンル 現代ファンタジー
設定 悪魔のロウテットは、修行のため人間界へと放り出される。ひとまず、今夜の寝床を探そうと考える彼の視界にダンボール箱が映し出される。
注意 このストーリーはフィクションです。実在する人物や団体、出来事などとは一切関係がありません。

以下は、本台本の続きの設定です。

練習用台本「俺は悪魔のロウテット、今は犬の姿をしている①」

シーン①

魔界から人間界へと放り投げられた俺様は、この通り、黒い犬の姿でとぼとぼと歩いている。

視線の先には古びた電柱。

その横には青いポリバケツと、いくつかの家電。それから、ごみ袋。

こりゃ、きっと不法投棄だろうな。

まったく、人間ってのはなさけねえ。

それにしても、これはきちんと収集されるのだろうか。

まあ、俺様には関係のないことだ。

シーン①

ポリバケツの近くには、ダンボールが置いてあった。

『みかん』という文字をぼんやりと眺めながらまんまえにやってくると、古びた紙の匂いがした。

この中に入ってたら、誰か拾ってくれるだろうか。

腹が減ったし、今夜の寝床も必要だ。

俺は四角い箱の中へと片足を突っ込んでみることにした。

少しサイズが小さい気もするが、頑張れば入れるだろう。

くるっとコンクリートの壁に背を向けて、通路へと向き直る。

中型犬程の大きさの俺に、その箱はやはり小さかった。

少しだけ……。いや、正直に言おう。きゅうきゅうだ。

首を少し右に傾けて、きゅうんと鳴いてみる。

小さな犬であったのなら絵になったかもしれないが、今の俺は……。

はぁ。やるせなくて、ため息がでた。

こちらにきて、まだ一時間だというのに……。

この悪魔のロウテット様、自信がなくなりそうだ。

シーン③

な!? 黒いからマクロだと?

俺様には、立派なロウテットという名前があるんだぞ!

この小娘、失礼すぎるぞ!

抗議の声を上げるものの、彼女にはちっとも届いていないみたいだ。

当たり前か、しょせんは人間と犬だもの。

いや、正確には悪魔なんだが……。

まあ、これはこれで良しとしよう。

とにもかくにも、今夜の寝床が見つかってよかったんだ。

これから、こいつの家に行って、じっくりと作戦を練ればいい。

大魔王様! 俺様の成長、どうか見守っていてください!

【PR】アミューズメントメディア総合学院