朗読台本

【朗読台本】ねえ、忘れてるの?【10分~15分】

【朗読台本】ねえ、忘れてるの?【10分~15分】
ページ内にアフィリエイト広告を含みます。
台本を利用するときのルール

●使用料:無料

●利用報告:商用のみ要(非商用は任意)

●クレジット表記:必須

ー表記内容ー

台本名 当ページのタイトル
作者名 紺乃未色(こんのみいろ)
サイト名 フリー台本サイト「キャラコエ」
台本URL 当ページのURL

※リンク付け(URLをクリックすると、当ページに飛ぶように設定すること)必須

上記4点を必ず表記していただきますよう、お願いいたします。

利用のルールについては、利用規約をご覧くださいませ。

紺乃未色
紺乃未色
テーマは「ホラーとみせかけて……」です。

概要

カテゴリ 朗読(一人)
ジャンル 現実世界
時間(目安) 10分~15分
あらすじ 黒い服を着た少女がインターフォンを鳴らしている。
怖い、と思うよりもさきに、血の気が引いた。
とある会話を思い出したからだ。
注意 このストーリーはフィクションです。実在する人物や団体、出来事などとは一切関係がありません。

その他、朗読におすすめの台本は、以下のページにまとめています。

紺乃未色
紺乃未色
ぜひご覧くださいませ。
朗読におすすめ
朗読におすすめのフリー台本【短編・長編・中編】朗読に使えるフリー台本(原稿)です。短編・長編・中編ごとにおすすめを選びました。YoutubeなどのSNSへのアップや、朗読会、声の練習など幅広い目的でお使いいただけます。...

フリー台本『ねえ、忘れてるの?』

 

1

ピンポーン。
ピンポーン。

インターフォンの音がやけに大きく聞こえる。
リビングのソファの上で、俺はなんだかとてもイヤな予感がした。

だって、音が2回鳴ったのだ。

1回鳴るのは、マンションの共同玄関《きょうどうげんかん》から呼び出されたとき。

そして、2回鳴るのは……。
まさに、部屋の前のインターフォンのボタンをプッシュされたとき!

つまり、そいつは、すぐそこにいる。
誰だ!!??

おそるおそる、モニターを見てみると、そこには真っ黒な服を着た女の子の姿があった。
大きなマスクをしていて表情がまったく読めない。

……血の気が引いて「終わった」と思った。

つい、先日の会話がフラッシュバックする。

2

その日の学校帰り、俺は仲の良いクラスメイト二人と都市伝説《としでんせつ》の話で盛り上がっていた。

口裂《くちさ》け女だとか、トイレの花子さんだとか、人面犬《じんめんけん》だとか、古くからあるおなじみのストーリーに「そうだったっけ?」「こうじゃない?」などと、つっかかりながら、ファーストフード店でチーズバーガーに食らいつく。

なんてことない、俺たちくらいの高校生によく見られる光景だ。

たまに、オカルトちっくな話になるのもあるあるだと思う。

「あ、じゃあさ! 令和の都市伝説《としでんせつ》! 『忘れた約束』って知ってるか?」

突然、そんなことを言いだしたのは、ルキトだった。

「なにそれ?」
タクマはストローでがりがりと氷をかき混ぜながら聞いた。

たしかに、俺も気になる。

「怖がるなよ?」
ルキトが声を潜《ひそ》めて言った。

「まさかあ」
タクマが笑う。

「トキはどうだ? トイレに行けなくなっても、責任はとらんぞ」
ルキトがからかうように言った。

「平気だ」
俺は、ぴしゃりと言ってのけた。

「ならいい。あのな、話はこうだ。ある日、突然、黒い服を着た少女が家にやってくるんだ。ピンポーンってな」

あれ、思いのほか、怖いかもしれない。
そう感じたものの、いまさら引き下がることはできない。
俺にだって、プライドがあるのだ!

「それで?」
平然《へいぜん》を装い、続きを促《うなが》す。

「インターフォン越しに「はい」って出ると、その少女が言うんだ「あの日の約束、もう忘れた?」ってな。それで、ここでの正解は「覚えてる」だ。そしたら、「じゃあ、ドアを開けて。渡したいものがあるの」と話が流れる」

「開けるのか?」
タクマが尋ねる。

「そう。ちゃんと、少女が渡したいものを受け取るのが正解。そしたら、その子は立ち去って行く」

「ふうん。それで、なかに何が入ってるんだ?」
俺が尋ねると、ルキトはにやりと笑った。

「焦《あせ》るな。焦るな。なかにはな、紙切れがある」
「紙切れ?」

「そうだ。そこに住所が書かれているらしい。「ここに来て」とのメッセージ付きでな」

「まさか、それ行くんじゃないだろうな?」

「そのまさか! 行くのが正しい」
ルキトが言った。

「待て待て待て。俺はとっさに話を止めた。さっきから、正解、正解って言ってるけど、それ、不正解だったら、どうなるんだ?」

「聞く?」
ルキトが真剣《しんけん》な顔をして言った。

「聞く!」
俺はやけになって言葉を返した。

「話によると、不正解になった人は、人知れず消えてしまうらしい。それで、世間《せけん》が忘れた頃に、ひっそりと、遺体《いたい》が出てくるんだと」

背筋が冷たくなる。

「う……。それは……」
俺が言葉に詰まっていると、隣でタクマが「それは怖い」と言った。

おんなじ気持ちだ。

「まあ、都市伝説だけどな」
ルキトはなんでもないことのように言った。

「それで、家に行ったら? どうなるんだ?」
俺が尋ねると、ルキトは少し首を傾げてから口を開いた。

「ん? とくになにもない。ただ、何度も言うけど、この|都市伝説《としでんせつ》のポイントは、とにかく従うことなんだ。そうすれば、何も怖くない」

いや、十分怖いぞ!
俺はそう突っ込みたい気持ちを、メロンソーダーで|喉《のど》の奥へと流し込んだ。

 

そして今にいたるわけだ。

3

恐怖しかない。

ただ、あの都市伝説《としでんせつ》が本当なら、ルキトの話を聞いておいてよかった。

俺は、おそるおそる、インターフォンの通話ボタンを押した。

「はい」
たった二文字の言葉が震える。

「……あの日の約束、もう忘れた?」

きた!

俺はパニックになりながらも、正解を伝えるべく、口を開いた。

「いいや。覚えてるよ」

「……じゃあ、ドアを開けて。渡したいものがあるの」

一瞬《いっしゅん》、どうしようかと考えた。
いや、違う。迷っている場合じゃない。
都市伝説に従《したが》わなくては、消されてしまうのだから。

「わかった」

どうして、こんなときに限って、両親は不在《ふざい》なんだ!

大きく深呼吸し、思い切ってドアを開けると、そこにはやっぱり黒ずくめの少女がいた。

「はい。これ」

少女は小さな箱をぐいっと押し付けると、背中を向けて、静かに立ち去って行く。
かと思うと、ぴたりと動きが止まった。

なんだ?

少女はくるりと顔だけをこちらへ向けた。
瞬間、ばちりと目が合う。

「ひいっ!」
なさけない声がでる。

そんな様子を、少女はじっと眺めている。
俺は逃げるように、部屋へと飛び込んだ。

カギをかけることも忘れない。

荒い呼吸を繰り返しながら、震える指先で箱を開けようと試みる。
あー、いやだ、いやだ。もう、いやだ。
そんな、幼《おさな》い言葉ばかりが、頭に浮かんでは消えていく。

ええっと、ええっと……。
たしか、この中に紙切れが入ってるんだったよな?

ルキトの話を思い返す。
すぐに、この先の展開を思い出してぞっとした。

「え、俺……ほんとに、行くのか?」

箱の中には、話の通り、マンションらしき場所の住所が記された紙があった。

「まじか……」

このまま、少女も箱も、放っておいたらどうなるだろう。
ダメだ。
酷《ひど》い目にあうかもしれない。

俺に残されている選択肢《せんたくし》はただひとつだけ。
この場所へ行くしかないのだ。

とてつもなく嫌だけど!

いや、待て! なにも、一人で行けというルールはない。……はずだ。

俺はスマホをたぐりよせると、ルキトに電話をした。

……出ない。

それなら、とタクマに連絡する。

……電源すら入っていない。

どうしよう。
二人とコンタクトがとれてから、一緒に行きたい。

でも、早く行動しないと、《《謎のなにか》》がしびれを切らしてしまうかもしれない。
頭をぐるぐると回転させるものの、良い案はちっとも思い浮かばなかった。

「仕方ない」

俺は、こぶしをぎゅっと握って立ち上がった。

4

紙切れに書いてあるマンションは、いわゆるレンタルスペースだった。

建物《たてもの》自体には怪しいところはない。
自由に出入りできるエントランスを抜けて、指定の部屋の前に立つ。
あたりには、誰ひとりいなかった。

せめて、人通りが激しければ、安心できたのに……。
ああ、ぐずぐず言っていても、仕方がない。

俺は、自分に「大丈夫!」と言い聞かせながら、インターフォンを押した。

応答《おうとう》はない。

「帰ってもいいだろうか」
小さく呟くと、パタパタと扉の向こうで足音がした。

それも、一人じゃない。
俺はとっさに、身構《みがま》えた。

バタン、とやけに大きな音を立てて扉が開く。
思わずぎゅっと目を瞑《つむ》る。

……そのまま、数秒が経過《けいか》した。
人の気配はある。

だが、音がない。
おそるおそる視界を広げようと試みるが、それは叶わなかった。

5

パン! という破裂音《はれつおん》が響き渡り、目を閉じたまま、大きく一歩後ずさる。

「おめでとー!!!」
「え?」

まぬけな声が漏《も》れる。

今度こそ、目をぱっちりと開くと、そこには見知った顔が二つあった。

「あーー、もう、なに?」
俺はその場にへなへなとしゃがみこんだ。

「うわあ。お兄ちゃん、ちょっとやりすぎなんじゃないの?」

そう言った少女は、俺の家に来た、あの黒ずくめの子だ。

「お兄ちゃん?」

「ああ。こいつ、俺の妹」
ルキトがさらりと言った。

「はじめましてー」
少女がほほ笑む。
怖さなんて微塵《みじん》も感じさせない、可愛らしい女の子だ。

「そんなことよりー。トキってば、まだ、状況飲み込めてなくない?」
頭上でタクマの声がした。

「うん。え、なに? これ?」
俺が言うと、ルキトとタクマは顔を見合わせた。

「だーかーらー。今日、誕生日だろ?」

二人の声が重なる。

「あ、うん」
忘れていたわけじゃない。

ただ、インターフォンが鳴ってから、それどころじゃなくなってしまっただけだ。

「つまり、サプライズってわけ」
ルキトが言った。

「え、都市伝説は?」

「こいつの作り話。でも、なかなかリアリティあったよな」
タクマが答える。

「な……なんだあ」
俺はそこでやっと、自分の足で立ち上がることができた。

「まあ、入れよ。おいしいもんいっぱい揃《そろ》えたからさ。食え、食え」

テーブルの上には、ピザやらスナックやらが並んでいて、俺は盛大《せいだい》にもてなされた。

うん。とても、気分が良い。

さっきまでの緊張感《きんちょうかん》の反動か、まるっこいチョコレートがそこらへんに転がるだけで、楽しい気分になる。

 

「……そういやさ、トキ。お前、約束忘れてるのか?」

 

ふいに、ルキトがまじめな顔をして、そんなことを言うものだから、背筋が騒《さわ》いだ。

「え?」
なんだ、なんだ? まだ何かあるのか?
もう、かんべんしてほしい。

「あー、違う、違う。怖い話じゃないって」
俺の顔があまりにも引きつっていたのか、ルキトは片手をぶんぶんと振りながら宥《なだ》めるように言った。

「なに?」

「あー、やっぱり忘れてる」
タクマがけらけら笑った。

「ほら、去年のトキの誕生日、俺たち、頑張ってサプライズしようとしたのにさ、とちゅうで気づいちまっただろ?」

「ああ、うん」

そうだ。

あまりにもバレバレだったから、「もうわかってるから、普通に準備してくれて大丈夫だぞ」なんて伝えてみたところ、「そういうときは、知らないふりをしろ!」と、こてんぱに怒られたのだ。

俺もなんだかイラっときて、まさかのケンカに発展するしまつ。

タクマは一人おろおろしてたっけ。

「俺、トキと言い争いながらさ、「来年こそはあっと言わせてやるからな!」とかなんとか口にしてたんだよな。今でこそ笑えるが、そのときは、サプライズ失敗したのがよっぽど悔しかったからさ」

ルキトは、そう言ってコーラを一気飲みした。

「ああ! たしか、そんなやりとりした気がする」
俺が言った。

「それで、その言葉に、お前、なんて返したか覚えてるか?」
俺は、一年前の記憶を引っ張り出そうと、うんうん唸《うな》る。

「あ……」

「思い出した?」
タクマがにんまりとした笑みを浮かべた。

たしか、俺はこんなことを言ったのだった。

「ふん! 来年こそはバレずにサプライズ? それ、今言ってる時点でアウトだろ! やれるもんなら、やってみろ。 一年後の約束だからな! 絶対覚えてろよ」

……そうだった。
あの日の約束は、まぎれもなく、俺がけしかけたものだったのだ。

「う……くそう!」

なんとなく居心地が悪くなり、俺は目の前にピザに大きくかぶりついた。

 

 

【PR】アミューズメントメディア総合学院