朗読台本

【フリー朗読台本】うんざりしたの【5分~10分】

うんざりしたの
ページ内にアフィリエイト広告を含みます。
台本を利用するときのルール

●使用料:無料

●利用報告:商用のみ要(非商用は任意)

●クレジット表記:必須

ー表記内容ー

台本名 当ページのタイトル
作者名 紺乃未色(こんのみいろ)
サイト名 フリー台本サイト「キャラコエ」
台本URL 当ページのURL

※リンク付け(URLをクリックすると、当ページに飛ぶように設定すること)必須

上記4点を必ず表記していただきますよう、お願いいたします。

利用のルールについては、利用規約をご覧くださいませ。

紺乃未色
紺乃未色
テーマは「物」です。

概要

カテゴリ 朗読(一人)
ジャンル 不思議・ちょっぴりホラー?
時間(目安) 5分~10分
あらすじ 彼にうんざりしたリサは、ついに家を出ることを決意したのだが……。
注意 このストーリーはフィクションです。実在する人物や団体、出来事などとは一切関係がありません。

その他、朗読におすすめの台本は、以下のページにまとめています。

紺乃未色
紺乃未色
ぜひご覧くださいませ。
朗読におすすめ
朗読におすすめのフリー台本【短編・長編・中編】朗読に使えるフリー台本(原稿)です。短編・長編・中編ごとにおすすめを選びました。YoutubeなどのSNSへのアップや、朗読会、声の練習など幅広い目的でお使いいただけます。...

フリー台本『うんざりしたの』

わたし、うんざりしたの。

お仕事が上手くいかないからって、鉛筆でお腹をぐりぐり刺してくるなんて最低よ。

道路工事の音がうるさいからって、当てつけのように腕を引っ張って、壁に叩きつけてくるのも、もうたくさん。

いつもは黙っていたけれど、さすがに我慢ならないわ。
だから、もうこの家を出て行こうと思ったの。

でもね、こっそり、窓の外からリビングの様子を見ていたら、ちょっとびっくりしたわ。

「リサ?」

彼ったら、わたしの名前を、何度も呼ぶんだもの。

さすがに、ずっと傍にいたわたしがいなくなったら、切なくはなるのかもしれないわ。

でもね、ここで戻ってあげたら、意味がないの。

わたしは決めたの。
こんなひどいことをする人を、どうにかしてやるって!

そんな風に、思っていたら、玄関の方で物音がしたわ。

「パパ! ただいまー。今日は早いんだね」
リョウの声よ。

「ああ、そうだ。今日は、午後はお休みの日なんだ」

「そうなんだ! あ! ねえ、ママは?」
「それが、見当たらないんだ。そこらへんにいなかった?」

「えー? 見てないよ」
「そうか。まあ、電気もつけっぱなしだったし、そのうち、帰ってくるだろう」

「うん!」
「学校はどうだった? 今日、算数の小テストだったんだろう?」
「パパのおかげで、良い感じ。もしかしたら、百点かも」

「それはすごいな」
「えへへ」

リョウは少し顔を赤らめて、ランドセルを置くと、ぱたぱたと愛らしい足音を立ててリビングから出て行ったわ。

きっと、手を洗いに行ったのよ。
あの子は賢くて、強くて、優しいの。

誰に対しても、思いやりを持って接している。
もちろん、わたしのことも大切にしてくれるのよ。

「お別れ、言えなくてごめんね」
思わず、呟いてしまったわ。

ただ、彼はリョウには優しいから、決して、暴力をふるうなんてことはないはずよ。
それだけは、安心できるわ。

 

さて、そろそろね。

「さようなら」
わたし、小さく呟いたの。

ちょうどそのとき、もう一つの声が、リビングから聞こえてきたわ。
ちょっぴり高くて可愛らしい声。

「あら? 帰ってたのね」

「ママ!」
「おい、ユイ。どこ行ってたんだ?」

「ベランダよ。いいお天気だから洗濯もの、干してたの」

わたし、ユイさんのことは、彼とおんなじくらい好きじゃないの。
だって、扱いが酷いのよ。

こないだだって、彼とケンカをしたからって、わたしをボールのようにして、投げつけたの。

彼は、ちゃんとキャッチしてくれたのだけど、今度は、ユイさんに向かって、思いっきりわたしを叩きつけたのよ。

本当に、痛かったんだから!

その後も、冷たい床に落ちたまま放っておかれて、あげくの果てに、寝ぼけたユイさんに踏みつけられる始末。

まったく、冗談じゃないわ。

思い出すと、よけいにむしゃくしゃしてくるわね。

こういうときは、明るい未来のことを考えましょう。
聞いてくださるかしら?

ひとつ、決めているのは、こんな理不尽なことをする人たちを、こらしめてやるってこと。

キッチンから、果物ナイフもいただいてきたわ。
昨日、彼が研いでいたばかりだから、きっとよく切れるわよ。

これを使いましょう。
ほら! 見てごらんなさい! 刃が鈍く光っているわ。

うん、良い感じね。
胸元へと飛び込み、柔らかな首をぐさり、といったところかしら。

こういうのって、シミュレーションが大切よ。

「あ! ユイ。リ……俺のクマのぬいぐるみしらないか?」
彼の声だわ。

ここよ! わたし、ここにいるわ。
もう、すべて手遅れだけれど……。

「え? あの小汚いやつ? 見てないわよ」
まあ、ユイさんったら。

「……そうか」
「ないの?」
「ああ」

「いいじゃない。小学校のときから持ってるからって、さすがに愛着ありすぎよ。ボロボロだったし、あなたが捨てないなら、そのうち、あたしが処分しようかと思っていたもの」

「え……」
「ひょっとして、その年でショックでも受けてるの?」
「……まさか」

わたし、わかってはいたけど、とっても悲しい気持ちだわ。

ぬいぐるみの仲間たちのためにも、すぐにでも、人間たちをどうにかしてやらなきゃダメね!

ええ!
そうしましょう。

さて……。すぐにでも、リビングに飛び込みたいところなのだけれど、まずは、目撃者を消さなきゃならないようね。

 

ねえ!

そこで、さっきから、話を聞いているあなた。

そう、あなたのことよ。

あなたもどうせ、こう思ったんでしょう?

なんだ、ぬいぐるみだったんだって。

【PR】アミューズメントメディア総合学院