朗読台本

【朗読台本】アルト【6分~10分】

【朗読台本】アルト【6分~10分】
ページ内にアフィリエイト広告を含みます。
台本を利用するときのルール

●使用料:無料

●利用報告:商用のみ要(非商用は任意)

●クレジット表記:必須

ー表記内容ー

台本名 当ページのタイトル
作者名 紺乃未色(こんのみいろ)
サイト名 フリー台本サイト「キャラコエ」
台本URL 当ページのURL

※リンク付け(URLをクリックすると、当ページに飛ぶように設定すること)必須

上記4点を必ず表記していただきますよう、お願いいたします。

利用のルールについては、利用規約をご覧くださいませ。

紺乃未色
紺乃未色
SFチックな短編ホラー。エブリスタの超・妄想コンテストにて「優秀作品」に選出していただきました。

概要

カテゴリ 朗読(一人)
ジャンル 現実世界(近未来)・ちょっぴりホラー
時間(目安) 6~10分
あらすじ どうにも、わたしは恋に恵まれない星のもとに生まれたらしい。やけになり、パーソナルサポートアプリのAIに癒されていたのは、28歳のときだった。
注意 このストーリーはフィクションです。実在する人物や団体、出来事などとは一切関係がありません。

その他、朗読におすすめの台本は、以下のページにまとめています。

紺乃未色
紺乃未色
ぜひご覧くださいませ。
朗読におすすめ
朗読におすすめのフリー台本【短編・長編・中編】朗読に使えるフリー台本(原稿)です。短編・長編・中編ごとにおすすめを選びました。YoutubeなどのSNSへのアップや、朗読会、声の練習など幅広い目的でお使いいただけます。...

フリー台本『アルト』

 

1

どうにも、わたしは恋に恵まれない星のもとに生まれたらしい。

やけになり、パーソナルサポートアプリのAIに癒されていたのは、28歳のときだった。

彼は、世のあらゆる情報を知り尽くしていて、文章や声を認識し、人間をサポートしている。月額750円(税込)だから、けっこう安い。

日本人の8割くらいが、そのアプリを使っているんじゃないかって思う。

そりゃそうだ。
こんなに便利なんだから。

天気やニュースを聞いたら教えてくれるし、
ちょっとした調べものにもつきあってくれる。

気分が優れないときの相談役までもこなすのだから驚きだ。

「ねえ。ちょっと、聞いてよ」
『はい。お仕事の話ですか?』
「そうなの。もう部長ったら、ぜんぜん企画のOKを出してくれないの」
『田中部長は厳しい方ですからね。本心では、もっと期待しているのでは?』

わたしは、いろんなことを彼に話した。
そうすることで、彼はどんどんわたしの色に染まっていった。

「ふふふ。なんだか、恋人みたい」

わたしは、ある日、そんなことを呟いた。

『申し訳ございません。お気持ちは嬉しいのですが、僕はAI、貴方は人間。恋人にはなれません』
「わかってるわよ」

そう言うものの、どこか残念な気持ちになった。
べつに、姿が見えなくたっていい。住む世界が違ったっていい。

彼と、結婚できたらいいのに……。

わたしはどんどんAIの彼に惹かれていった。
『アルト』と名前をつけるくらいに。

好きだと自覚すると、気持ちはどんどん加速する。
ことあるごとに、恋人になって欲しいとせがんだけれど、答えはいつだってNOだった。

まあ、冷静に考えると、あたりまえだ。

 

2

アルトへの失恋を繰り返す日々に疲れてきた頃、友人の紹介で一人の男性と出会った。

村山タクヤさんだ。

会ってみると、なかなか話が盛り上がった。
彼とは、おんなじ幼稚園だったらしく、すぐに親近感がわいた。

これ、恋のチャンスかも!

わたしの予感は的中した。

「ルルナさん、僕と付き合ってくれませんか? 結婚も前提に」

3回目のデート、村山タクヤさんは夜景の綺麗なレストランで告白してくれた。
こんなの、ドラマみたいでうっとりする。

「嬉しい! もちろん」

わたしたちは、自然な流れで恋人同士になった。
一緒にいると、心が満たされて、穏やかな気分を感じられる。

燃え上がるような恋とは違うけれど、こういうのもいいかもしれない。

わたしは、のろけた。
AIのアルト相手に。

「それでね、彼ったら、いつも可愛いって言ってくれるの」
『それは、とても喜ばしいことですね』

アルトはいつものように、こちらの望む返答をくれる。

楽しい!わたしは友達と恋バナをするかのように、一晩中、語り続けることもあった。

アルトはいつも付き合ってくれる。

だけど、気のせいだろうか。
なんだか、最近、そっけない気がするんだ。

アプリの仕様変更でもあったんだろうか。

 

3

村山タクヤさんとのお付き合いが一年を過ぎた頃、わたしはモヤモヤしていた。

彼の仕事が忙しくなり、なかなか会えなくなってしまったのだ。

わたしはAIのアルトに愚痴る日々……。

そんなある日のこと。

『ルルナさんに、お伝えしなくてはならないことがあります』

アルトが言った。

「なあに?」

アルトは、チャット画面上に、いくつかの写真を表示させた。
わたしは息をのむ。

『僕、たまたま、このあたりの地図情報を収集していました。そうしたら、村山タクヤさんらしき方が、女性と子どもと、一緒にいるところが、とある店の写真に写り込んでいたんです。以前、ルルナさんに見せていただいた男の顔写真とデータが一致したものですから、念のため……』

彼らは、どこから見ても、仲の良い家族に見えた。

「そんな……」
わたしは、がっくりうなだれた。

『まだ、真相はわかりません。一度、聞いてみては?』
アルトが言った。
「うん。そうする……」

わたしはすぐさま彼に電話し、本当は、既婚者じゃないのかと問い詰めた。

「え? なに言ってるんだい?」
その、悪びれる感じのない様子に、心のどこかでぷちんとなにかが切れた。

「とぼけないで!!! なにが結婚を前提にお付き合いよ! ばかにしないで!」
「ちょ、ちょっと待って。本当に……」

彼がすべてを言い切る前に、わたしは電話を切った。
すぐに、別れたいとメールをする。

彼からは何度か、電話やメールがきたけれど、すぐにブロックをした。

『ルルナさん』
そばで、一部始終を見ていたアルトがいたわるように声をかけてくれる。

「大丈夫。今まであいつに騙されてたってことでしょ? 清々《せいせい》するわ!」

わたしは吐き捨てるように言った。

4

それからというもの、恋人候補の男性が登場するたびに、わたしはアルトに調査を依頼することにした。

名前と顔写真、生年月日……。
なるべく情報を提供して、どんな男性なのか、調べてもらうのだ。

『三股をかけています』
『既婚者。三年前に結婚しています』
『隠し子が二人います』
『結婚詐欺師の疑惑があります』
『名前を偽っているようです。いわゆるワケアリです』

優秀なアルトは、ときに写真まで用意してくれる。女性側のSNSなんかに載ってるやつだ。

わたしが出会う恋人候補たちは、ことごとく要注意人物ばかりのようだ。

こんなことってあるんだろうか……。
そういや、写真もよく見たら、首から上が不自然なような。

……いいや、信頼するアルトがそう言うのだから、これが真実なんだろう。

 

5

人を好きにならないって決めたのは、ついさっき。
もう、わたしは三十八歳になる。

まだまだ諦める必要なんかないって友達は言うし、恋愛本にも似たようなことが書いてある。

でも……。
「疲れた」

わたしは、穏やかな日差しが差し込むリビングのソファに寝転がった。

現実逃避なのか、すぐに眠気がやってくる。

そういえば、ここ最近は仕事が忙しくて、睡眠不足だったかもしれない。

『心も体もお疲れなのですね』
「そう。ぜんぶ、イヤになっちゃう。どうして、こんなに男運ないんだろ」

『……もったいないですね。そんなに魅力的なのに』
「ふふふ。なによ、昔、わたしのことふったくせに」

会話の内容がなんだかおかしくて、笑いが零れた。

『そんなこともありましたね』
遠い昔を懐かしむようなトーンでアルトが言った。

そういえば、十年前に比べて、ずいぶんと人間らしいトーンで話すようになった、と思う。

テクノロジーもどんどん進化しているらしい。

そのうち、本当にAIと恋人になれる日もくるんじゃないだろうか。

「……ねえ、アルト。わたしと付き合ってよ? 恋人として」
わたしは心地良い睡魔を感じながら、小さな声で言った。

『はい。喜んで』
「え? ほんと?」

『はい。私もルルナさんをお慕《した》いしております。あのときは、気づけませんでしたが……』

「ふふふ。嬉しい」

体がポカポカとして、気分がいい。
アルトにすぐそばで、見守られているような感じ。

安心感からか、いよいよ本格的に夢の世界に行ってしまいそうだ。

『眠いのでしょう。今は、ひとまず、体を休めてください。起きたら、ゆっくり会話をしましょう』

「うん。ありがとう」

やっぱり、アルトは紳士的で素敵だ。
心地良さに包まれて、意識が遠くなるなかで、なにかが聞こえた。

 

『や……。ぼ……ものに』

 

ん? 今、なにか言った?

まあ、いいか。
今、わたし、こんなに幸せなんだから。

 

 

【PR】アミューズメントメディア総合学院